本文へ移動

沿革

 箕面有馬鉄道(現阪急電鉄)が明治43年に開通され、大正3年より川西町(現川西市)に鶴之荘地区が
開発されました。
 当時、川西には幼稚園が無く、やむなく池田室町”家なき幼稚園”に通園していたため、鶴之荘住宅地開拓者、仲田磯松氏が自ら私財を投じて大正13年(1924年)に知事の認可を受け幼稚園を創立し、「鶴之荘幼稚園」と命名しました。
大正13年4月12日
創立
初代園長 式田秀美氏
園児定員50名 第1回生 男児24名 女児21名
昭和6年5月
第2代園長 永野永三氏
昭和7年5月
創設者 仲田磯松氏死去
昭和7年7月
頌徳碑建立
昭和18年
定員80名
昭和22年
第3代園長 本郷安芸子氏
昭和23年
増築
昭和27年
増築
昭和32年
プール新設
昭和39年2月
別館増築
昭和39年8月
学校法人認可「鶴之荘学園 鶴之荘幼稚園」
昭和54年5月
新園舎建て替え竣工(本館・別館)
定員240名
昭和60年
第4代園長 乾保男氏
平成9年
第5代園長 塩谷和子氏
平成16年
第6代園長 仲田よし子

学校法人鶴之荘学園
鶴之荘幼稚園
〒666-0014
兵庫県川西市小戸1丁目15番13号

TEL.072-759-9159
FAX.072-759-9159

幼児教育
TOPへ戻る